「ウェルかめ」

今週(9/28)から始まったNHK朝の連ドラ「ウェルかめ」(8:15~30)

 「ウェルかめ」は徳島県・美波町を舞台に、ヒロインの女の子が小さな出版社でさまざまな人と交流しながら夢に向かって成長していくストーリーです。
・・・「徳島の連ドラが始まるよ。たぶん、懐かしい!と思う風景がでてくるよ」と友人が教えてくれ、さっそく見ました(ほんま、なつかしい^^)。私はここに出てくる町の生まれで(当時は日和佐町)、小さい頃はよく海岸で遊び、カメの産卵を見ていました。卵から子ガメがかえると(海へ戻れない子を見つけると・・・だったか?)おじさん(管理の職員さん?)に皆で教えに行く、とか、記憶があいまいになってますが、浜や川や堤防で日が暮れるまで遊んでいたような思い出があります・・・。
「ウェルかめ」HP http://www9.nhk.or.jp/asadora/welkame/index.html

アカウミガメ

大浜海岸

美波町にある“大浜海岸”は、国内では沖永良部島などとならんで、ウミガメの産卵地として数少ない、海岸として知られていて、毎年5月~8月にかけて産卵のためアカウミガメが訪れます。
昔は100~150ぐらいの数のウミガメが来ていましたが、今は20頭・・・とだんだん減ってきています。
(白砂の海岸は南国詩情あふれる景勝地としても有名で、「日本の渚百選」にも選ばれた)。

美波町HP http://www.town.minami.tokushima.jp/index.php

徳島県海部郡美波町は、日和佐町と隣町の由岐町が合併して誕生した、人口9千人弱の、山と海に囲まれたところです。徳島市中心部から車だと南へ2時間ほど。
厄除けのお寺として有名な“薬王寺”があり、四国88ヶ所のうちの23番札所です。年末年始~旧暦の正月の2月あたりまではお参りの人でにぎわいます(私は高校3年間、1-2月は薬王寺でお札・お守りなどを売るバイトをしていた)。
「815年弘法大師がここに足を止めて一宇を創建し、42歳の厄除け祈願のため薬師如来座像を刻んで安置したことが起源」だそうです。

(豊田志保)

薬王寺

薬王寺


2009/09/30 03:49 | 未分類comment(1)trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |  NEXT»»