ちょっと耳が聞こえにくいことについて

  7月の中頃から右耳だけが聞こえにくくなりました。今は耳鳴りも少なくなり、ずいぶん軽快しました。左耳は何ら支障はないので、対面していると聞こえにくさに気づく人はいません。
R0015095.jpg
 では、全く困らないかというと、例えばスーパーマーケットのレジでのちょっと早口の店員さんの声とか、通院中の医院でのマスクをしている看護士さんの よぶ声は聞こえにくいものです。な んども聞き返すと、少し非難めいた当惑顔が返ってきます。

  少し出席者の多い会議も困ります。座る位置には工夫しますが、指定されているこてと多くてやっかいです。聞きもらしたとしても、もう一度言って下さいとは言いにくいものです。
  対面での面接の時は事情を説明しています。でも説明をしないと、いつものように正面を向いてないので話を聞く気がないように思えた、と指摘されたことがありました。左耳で聞こえるようにと体の左を突き出しのですが、相手からは斜に構えたように見えたのです。
 
 快調とは言えないけれど、全くだめとも言えない。ノー・プロブレムじ ゃないけれど、手を貸してほしい、というほどでもない。少し見えにくいので、近づけば見えるんだけれども、できれば大きくくっきりと表示してほしR0015087.jpgい。片方の手指が少し不自由なので、もう一方がふさがっていると物をつかむのが難しい。
 そうかといって、人に出合うたびにちょっとの不自由さ説明するのもおっくうです。こんなふうに少し困っているという方はたくさんいらっしゃるかもしれません。

 写真はフインランド旅行のお土産http://www.lovi.fi/で、薄い板をはさみこんで組み立てる鳥のオブジェです。実にすっきりした、フインランドはデザインの国。  (本多隆司)



2012/08/31 10:00 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |  NEXT»»