FC2ブログ

クラウド・ファンディング

 インターネット書店である「スペース96」さんから伺いました。エンパワメント研究所が「発達障害者に特化した運転免許取得マニュアル」を発刊するにあたって、クラウドファンディングを始められました。https://readyfor.jp/projects/dddrivemanual
ハードコピー
 発達障害者の社会参加手段を手にいれるために運転免許をとるためのマニュアルで、当事者だけでなく指導者側のことも考えたもののようです。どんなふうにマニュアル化しているんだろうと興味に深々です。

 最近耳にするようになったクラウド・ファンディングですが、目標額を設定し、期間内に資金を集めるというものです。試しにやってみましたが、インターネット 通販なみの手軽さです。女性ホームスのためのシェルター建設、フイリピンに中学生を連れて行くプロジェクト、福島県で神楽を作成・奉納するものなど実にさまざまなプロジェクトがあります。一度ご覧下さい、びっくりします。

石垣猫  本を出すのになぜ資金がいるのか。「性問題行動のある知的障害者のための16ステップ『フットプリント』心理教育ワークブック」を出した時にいろいろ伺いました。出版社からすれば、どれほど売れるか分からないものにどの程度の資金を投入するかは賭けのようなものではないかと、後になって思いました。出版する側にすれば、そのために押すしか手はありませんでしたが。
 出版のときのきっかけを作って下さったのは、この情報を頂いた「スペース96」の久保さんでした。あたらめて感謝。

 今夏、次回作の出版に向けてあらためて出版社などと交渉中です。アメリカの著者や版権元は研究者とのやり取りはスムーズですが、出版社との版権交渉となるとなかなか大変なようです。 

 
  閑話休題。MIHO美術館で「若冲と蕪村」展をみました。http://www.miho.or.jp/japanese/collect/archives/2015/su01ab.htm京都錦の青物商、伊藤若冲はすトンネルごい。展示絵画をおおっているガラスは、鑑賞者が絵に近づきすぎたせいか、どこもテカっていました。
 精密だがダイナミック、平面的でありながら躍動感、視線をからめとる構図。鶏の羽の一つ一つ、芙蓉の葉の一つ一つを見入ります。できることなら「動植綵絵」と「釈迦三尊像」をみたかった。   (ホンダタカシ)

2015/07/31 19:31 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |  NEXT»»