人は自分や他人、それらを含む社会をどのように見ているか。(その2)

 社会情報処理に関する論文をご紹介しましたが、検証しようとする仮説は以下の通りです。

『性暴力は女性の感情または性的関心に関する情報に注意を払うことが相対的に少なく、女性の身体的性的属性(身体的露出、性的魅力、挑発的、性的魅力)に対しては相対的に多い男性においてその可能性は増すはずだ、というものである。』
 ここでいう「感情または性的関心に関する情報」とは、相手に対して好ましい、または嫌な、関心がないなどと思う感情を言葉や表情などによって表出することです。その表出の内容、つまり情報に関して、受け手(男性)がどのように認知するか、解釈に間違いや偏り(バイアス)はないか。

 逆に見れば、『性暴力の可能性は女性の感情や性的関心についての情報に注意を払う男性では低下するはずである。』ということになります。引用はいずれも、Treat, T. A.,  McFall, R. M., Viken,R. J., & Kruschke, J. K.(2001). Using Cognitive Science Methods to Assess the Role of Social Information Processing in Sexually Coercive Behavior. Psychological Assessment, 13(4), 549-565.
 その手法は認知科学のモデルで、論文の術語や概念を調べていくと人工知能などAI研究のモデルに行き着きます。情報理論に始まり、人間の認知、知識、思考、言語、記憶などを研究対象としている分野で、理工系と心理学にまたがります。例えば論文にはコネクショニストモデルが出てきますが、このモデルとは;
『脳の神経細胞をふまえた単純な処理ユニットのネットワークを用いて、人間の認知のメカニズムを理解しようとするアプローチである(McClelland, 1999)』都築誉史・浅川伸一(2003). コネクショニストモデルと認知科学 Cognitive Studies. 10(1), 3-9.(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/10/1/10_1_3/_article/-char/ja/ (Aug. 18, 2016)

 実験仮説は大変興味あるところですが、認知科学の知識、データ解析手法、ネットワーク理論などは門外漢にはかなりの勉強が必要であると痛感した次第です。
豊川稲荷

閑話休題。写真は、豊川稲荷の霊弧塚、豊川市のマンホールのふた(狐つき)、常滑の郵便屋さんです。
 あまりに暑いので寝る前に、マンホールのふた永井荷風の「断腸亭日乗」を読んでいます。写真の岩波文庫版 摘録ではなく、iPadのアプリ「i読書」を使ってインターネット上の図書館「青空文庫」http://www.aozora.gr.jp/index.htmlのデータ(断腸亭日乗04 断腸亭日記巻之三大正八年歳時己未)をダウンロードして読んでいます。断腸亭とは荷風の別号、日乗は日記のことだそうです。 恥ずかしながら読めない漢字や知らない言葉が出てくるので辞書は欠かせません。
 大正八年八月十五日をみると、
  『風冷なり。心地すぐれず。午後春陽堂の人来たりて全集第二巻再版の検印を請う。』常滑焼
とあります。気象庁の過去の気象データhttp://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=1909&month=8&day=&view=p1をみますと、その日の最高気温は26.6度、最低気温は20.7度です。現代と比べるとかなり涼しそうです。
 翌日十六日は『袷羽織着たきほどの寒さなり。』とあり、「袷羽織(あわせばおり)」とは「裏をつけた羽織」のこと(スーパー大辞林)で、ちょっと大げさじゃないかと思いましたが、最高気温は28.3度、最低気温は19.3度で、寒暖の差が大きくなりました。
 同年七月七日に『断腸亭日乗春陽堂より全集第二巻印税送来る。金六百七拾五円なり。』とあります。国立国会図書館リサーチナビhttps://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102809.phpの大正5年の企業物価指数(卸売物価指数)をもとにした換算では、現在の価値の923.8倍とあります。675円×923.8=623,565円!(税込み?)自分の印税とはケタ違い。
 かなり下世話な鑑賞ですが、漢文の読み下し文のような簡潔にして滑らか、こりこりした文体です。天候はもちろんのこと、食事のこと、作家や女性との交友など結構細かくてしかも時に辛辣。               (ホンダタカシ)

2016/08/15 15:47 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |  NEXT»»