PTSDチェックリスト(PCL)

  児童期逆境体験(ACE)のスクリーニングを行った結果ある項目が該当した時、つまり陽性であった場合、次の段階であるアセスメントに移行します。

 これまでの各分野のアセスメント結果や生活歴、支援の経過などの見直しが必要になりスーパー ます。これまで明らかにならなかったけれど、子ども時代にトラウマ症状をもたらす体験があったかもしれない、との観点で見直します。これだけでも大変な作業です。対象者はだれにも気づかれないままに、その症状や障害で困っている状態が続いているので、そんなに時間をかけてよいものでもありません。

  欠かせないのが、PTSD症状があるかないか、あるとすればどの程度かのチェックです。そのチェックをするツールとして「PTSDチェックリスト(PCL)」を選びました。SAMHSAのTrauma-Informed Care in Behavioral Health Services. TIP 57のp.108-110に紹介されています。このリストもスクリーニングのためのツールで、これだけではPTSDの診断は出来ず、あくまで補助的なツールです。

 DSM-5にあわせた最新版は、National Center for PTSDhttps://www.ptsd.va.gov/から得ました。ここはU.S.Department of Veterans Affairs(退役した軍人やその家族を対象とした政府機関)の一部門のようです。PTSDの研究がベトナム戦争をきっかけに進んだことと無縁ではありません。
 
 IES-R (Impact of Event Scale-Revised) など日本において標準化されたスケールもありますが、知的障害者への適用も考えると表現などに工夫が必要なので、The PTSD Checklist for DSM-5(PCL-5, 14 Aug. 2013) を平易で分かりやすくなるよう訳しています。正確さを確実にするた旗めには逆翻訳が必要ですが、そこまではなかなか。

 このチェックリストの教示は以下のように始まります。
   Below is a list of problems that people sometimes have in response to a very stressful experience.
  「これは問題のリストです。ストレスのたいへん強い経験をした人に ときどきある反応です」

 こういった具合で訳します。関係代名詞thatを入れて訳すと、文の構造が複雑になり理解を妨げるおそれがあるので、2つの文に分けて訳しました。
 問題は、very stressful experienceです。直訳の「たいへんストレスの多い経験」では心的外傷をもたらすほどの大変さが伝わりにくい。今のところ、下線部のようにしました。これでもまだしっくりきません。

 教示はさらに「この一月間、その問題にどれくらい悩まされたか、あてはまる番号を丸でかこんでください。」と続きます。「悩んだか」でもいいように思いますが、原著も英文法でいうところの現在完了形の受動態です。「高卒後の進路について悩んだ」のように主体的に悩んだわけではなく、主体は「あなた」でありながらも、トラウマをもたらすようなストレスのたいへん強い経験に対しては受け身でしかなかった、との意味かと思います。

 他にも悩む箇所はいくつかありまた。正確で、平易で、分かりやすい飜訳は難しい。
 本文と写真は全く無関係です。       (ホンダタカシ)

2017/07/21 17:49 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |  NEXT»»