2009年度公開講座(仏画展・福祉の制度紹介と活動展示)

 種智院大学では、仏教・社会福祉学科の主催で、公開講座と仏画展、福祉の制度紹介と活動展示を開催します。学生制作による仏画展は、種子敷曼荼羅のほか、仏画、写経、扇面など50点の予定です。仏画展の開催と同時に、社会福祉学科の学生・教員による、福祉の制度紹介、「京都ふれあい工房」によるお菓子販売、手話サークル「すずむし」によるステージ、ソーシャルワーク研究会の実践活動紹介、ユニバーサルグッズの展示と体験などを行います。地域住民の皆様やOB・OG、興味関心のある方はどなたでも参加OKです。ぜひお越し下さいませ

○第9回種智院大学学生仏画展
 
日時 平成22年2月22日(月)~23日(火)*仏画展は両日開催 10時~15時
場所 種智院大学 講堂(体育館)
(1)公開講座 演題「仏画の描き方と心」、講師 中村幸真教授、
   22日10時~11時半
(2)写仏講座Ⅰ テーマ「自心仏を描く」、指導 児玉義隆教授・中村幸真教授他、
  22日13時~16時
(3)写仏講座Ⅱ テーマ「守り本尊を描く」、指導 中村幸真教授他、
   23日10時~12時

〇「福祉に関する紹介と活動展示」

日時:平成22年2月22日(月)~23日(火)10時~15時
内容:社会福祉学科の学生・教員による実践活動紹介と体験ほか
(1)「展示・体験コーナー」*プログラム内容により23日のみ開催するものもあります。
 ①ソーシャルワーク研究会の実践活動紹介(ポスター展示)
 ②ユニバーサルグッズの展示と紹介・体験コーナー
(2)「福祉制度の紹介コーナー」(「介護保険制度」「成年後見制度」「地域福祉権利擁護事業」「障害者自立支援法」ほか)
(3)「京都ふれあい工房」によるお菓子の販売(クッキー、パウンドケーキ等)
(4)手話サークル「すずむし」によるステージ(歌・ダンス・手話)
   (①22日午後2時~、 ②23日10時30分~)
(5)休憩コーナー(お茶等、休憩)


(山下裕史)

関連記事

2010/01/26 08:16 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |