受食五観

立春とはいえ、まだまだ寒さが肌身に凍みる日々が続きます。
昨日の萩尾先生を承けて、私も「食」についての話題を綴ってみたいと思います・・・。

****************************************

 私は自分ではいろんな事物に興味を持つタイプの人間だとは思っているのですが、それはすべて摘み食い的で刹那的な関心で、長年にわたってこれ一つに一貫して打ち込んでいるというような趣味は持ち合わせておりません。しかし、その中で唯一これこそと言えるものがあるとすれば、「食い道楽」ということになるでしょうか。

 食のためには時間と労力と金銭(・・・但しこれはあまりない)を惜しまず、普段から美味礼賛の営みにせっせと勤しんでおります。しかし、萩尾先生もおっしゃる通り、食は生命維持の根本であり、人間生活を成り立たせる上で最も重要なファクターであることを思えば、食を生活の中心に据える生き方は、あながち間違った生き方とはいえないように思います。

 ただ、それが「グルメ志向」といわれるような、単なる表面上の美味の追求であってはならないことは言うまでもないでしょう。「食育」が叫ばれる流れからも、質・量ともにバランスのとれた食を求めることが肝要だと思います。近時、世上でスローフード地産地消などの言葉がもて囃されていますが、単なる商業的なブームではなく日本人の真に豊かな食文化・食習慣として根付いていくことを期待したいと思います。

 心の底から「食」を敬重し、以上のような意味合いでの真の「食い道楽」を目指したいと常々考えているのですが、現実を言えば、ついつい日々の忙しさにかまけてファーストフードなどに頼るところが少なくなく、バランスの悪い食生活に陥ってしまっていることも事実です。まだまだ自分自身に食に対する真摯な敬重の念が足りないと、改めて自らを反省するばかりであります・・・。

 ところで、種智院大学の学生食堂の壁には以下に挙げるような篇額が掲示されています。

①  

③ 
 これは、「受食五観(あるいは対食五観五観の偈)」という文章で、仏教において食事(じきじ)を摂る際に行なう「食時作法(じきじさほう)」の中で唱える偈文です。3年ほど前に当時の仁和寺門跡・佐藤令宜大僧正猊下に揮毫をお願いして、学生食堂に掲示をいたしました。

 もともと中国・唐時代の律宗の祖・道宣(どうせん、596~667)が『四分律行事鈔』下二に記したものが源となって、その後ひろく諸宗にわたり、やがては世俗にも普及していった観文であります。要するに食餌をとる上での人間の心構えを五つの要点にまとめた文章で、仏教では食事の際に必ずこの偈文を唱えて、食に対するありがたさや敬重の念を再確認するのであります。

 文章は以下の通りです。

〔原文〕
 一、計功多少量彼来処
 二、忖己徳行全闕多減
 三、防心顕過不過三毒
 四、正事良薬取済形苦
 五、為成道業世報非意

〔読み下し〕
 一には、功(こう)の多少を計(はか)り、彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)れ
 二には、己(おの)が徳行(とくぎょう)の全か闕か、多か減かを忖(はか)れ
 三には、心(こころ)を防ぎ過(とが)を顕(あらわ)すは三毒(さんどく)に過ぎず
 四には、正(まさ)しく良薬(りょうやく)を事(こと)とし形苦(ぎょうく)を済(すく)わんことを取れ
 五には、道業(どうごう)を成(じょう)ぜんが為なり、世報(せほう)は意に非ず

〔現代語訳〕
 一つには、食物が私のところに来るまでに多くの労力がかかっている。この食物にどれだけ多くの労力・時間がかかっているのかをよく考えて、この食物がどこからどのようにして来たものであるかをしっかりと観じるべきである。
 二つには、食物を頂戴するにあたって、果たして自分がこれをいただくに値するだけの徳行があるのかないのか、よく考えてみるべきである。
 三つには、清浄なる心から離れて、うまいとかまずいとかいう気持ちが出るのは、貪・瞋・癡(とん・じん・ち;「むさぼり」と「いかり」と「おろかさ」)の三毒の煩悩から生じた心念であるので、うまい・まずいというような執着心にとらわれず、ありがたく食物をいただくべきである。
 四つには、食物は身を養い命を保つための良薬としていただくのであり、肉体の苦境を救うために受けるということをしっかりと認識すべきである。
 五つには、食物を受けるのは、ただひたすら仏道を成就せしめるためであり、世間での栄達、名誉、地位などとは全く関係ないことを思い知るべきである。

 この五観の偈文を、ふだん学生諸君によく理解してもらいたいのですが、私自身も改めてこの偈文をよくよく噛みしめ直して、食への敬重の念を更に深めてゆきたいと思い居ります。
                 合掌(^∧^)
佐伯俊源

関連記事

2010/02/04 18:00 | 未分類comment(1)trackback(0)  | top

コメント

あの掛け軸にはそんな意味があったのですね…!
卒業する前に知れて良かったです\(^O^)/

No:29 2010/02/06 01:09 | 学生 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |