衝撃の文集

大学は今、春休みですが、長女が通う小学校も先日、終業式を迎えました。

通知票や春休みの過ごし方が書かれたプリントなどを色々なものを持ち帰ってきましたが、その中に『1年生の思い出』という文集がありました。

同じクラスだった30人が自画像や好きな食べ物、頑張ったこと、将来なりたいものなどを書いていて、それぞれの個性がかいま見える文集になっていました。

そんな中、ある女の子の楽しかったことに対する回答に軽く衝撃(というか笑激)を受けました。ほとんどの子が運動会やおみせやさんごっこなど学校でのイベントを挙げていましたが、その女の子は「席替えでA君の横になれてよかった。B君の横になれなくてくやしかった」と書いてありました。

1年生でもそんなことを思うんだなあという驚きと1年生だから素直に書けるんだろうなという納得とを感じつつ、子どもたちの成長に思いをはせた文集でした。


近棟 健二

関連記事

2010/03/26 16:20 | 未分類comment(1)trackback(0)  | top

コメント

もう「女」が芽生えてるんですね…笑
ホンマ素直すぎていいですね~☆彡

No:39 2010/03/27 11:42 | 卒業生 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |