「妄想からの離脱」

4月27日(火曜)4限(14:30~)、社会福祉学科でソーシャルワーカー(精神保健福祉士・社会福祉士)をめざす2~4回生を対象に、福祉現場で活動実践されている井上和哉氏・佐藤恵美氏、お二人に来ていただき、特別講義を行いました。

奈良県橿原市にある『社会福祉法人「萌」生活支援センター・地域活動支援センター「ぴあぽ~と」』の所長である佐藤さんからは、奈良県の精神保健福祉(精神科医療)の現状と「ぴあぽ~と」の役割、障害者自立支援法など制度やサービスの実際について、等お話してくださいました。「ぴあぽ~と」利用者で、地域精神保健福祉機構「コンボ」COMHBOのライターでもある井上さんからは、『妄想からの離脱』というテーマで、妄想とは何か、精神疾患を発症した20年前当時のお話、”イライラ””不安”な精神状態を図式化するとどうなるか?その状態に対して自分自身がどのように向き合っていくか?また、まわりの家族や友人、医療や福祉の専門職がどのようにむきあうことが必要か・・・、ほか、時間をかけて準備してくださったスライド資料とともに、整理された歯切れのよいお話と問いかけを時間いっぱいしてくださいました。

約50名の学生も皆、真剣にお二人のお話に聞き入っていました。軽やかでひとつひとつ重みのある言葉ばかりでした。学生にとっても今回の講義はよい刺激となり、今後も問題意識をもって学習や実習、卒後の仕事に取り組んでいくきっかけとなると思います。本当にありがとうございました!
(豊田志保)

*社会福祉法人『萌』は、奈良県の西和、中和地域である大和高田市、生駒市、大和郡山市、橿原市、斑鳩町、三郷町、田原本町に活動拠点におきながら、精神障害のある方々への支援を出発点にした社会福祉法人です。障害当事者・家族・地域住民の様々な思いを大切にしながら、地域福祉活動に取り組んでいます(『萌』HPより)。

CIMG6539_convert_20100505203738.jpg CIMG6544_convert_20100505203852.jpg CIMG6545_convert_20100505203956.jpg CIMG6547_convert_20100505204053.jpg CIMG6551_convert_20100505204143.jpg CIMG6553_convert_20100505204410.jpg

関連記事

2010/05/05 15:21 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |