「子どもを虐待したことがありますか?」その2

前回の記事では、菰野町で行った調査で母親の5割弱が虐待したことがあると感じていることを紹介しました。今回はその背景にあるものを考えたいと思います。

この調査では、「子育てをする中で日頃感じること」を聞いています。それぞれ下記図1が母親、図2が父親からの回答です。“イライラすることがある”、“自分の時間が持てない”で母親の回答が「よく感じる」、「時々感じる」を合わせて80%を超えています。その他にも“自分自身が仕事など社会参加できない”、“育てにくさや関わりにくさを感じる”など負担感に関わる設問ではすべて、父親より母親の負担感の強さが感じられる結果となっています。

この結果から未就学の子どもを育てている親、特に母親の負担感の強さや夫とのギャップをみることが出来ます。

虐待が起こると「今どきの親は...」という声が上がります。言うもまでもなく虐待は悪いことですが、このような親の状況に思いを寄せることからスタートしなければ、どんな支援を行っても無益ではないかと思います。

図1 母親

1_20100507134456.jpg

図2 父親

2.jpg

近棟 健二
関連記事

2010/05/07 14:16 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |