僕の自慢のお母さんへ

 突然ですが、次の日はなんの日か知っていますか。
1 5月9日(日)
2 6月20日(日)
3 12月3日(金)
 もちろん1は、昨日の「母の日」で、2は、6月の第3日曜日で「父の日」ですね。ここまではだれでも知っていると思います。さて、3の12月3日を知っている人は少ないのでは。答えは「妻の日」です。
 みなさんもお母さんをねぎらいにいろんな形で感謝の気持ちを表されたことでしょう。母の日にちなんで、あるお母さんへの手紙を紹介します。
 新井満(あらい・まん)さんをご存じでしょうか。「誰やったかな」と思う人が多いかと思いますが、秋山雅史さんが歌ってロングセラーになっている「千の風になって」という歌の原詩を翻訳し作曲した人です。その新井さんらが選考委員になった「千の風になったあなたへ贈る手紙」の表彰式(朝日新聞社主催)が先月開かれました。新井さんの名を冠した「新井満賞」に受賞したのが東京都の西村拓人さんの「僕の自慢のお母さん」です。そのままご紹介します。
❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ 
有り余りの紙でごめんね。
お母さん、56歳の誕生日おめでとう。ぼくはあいかわらずお父さんにしごかれてるよ。もうお母さんが死んじゃってから、より一層お父さんがぼくに厳しくなって大変だよ。
 まあ、お母さんのせいじゃないんだけどね。本当に時々、お母さんが突然ぼくの記憶の中に入りこんで、もう、そのたんびに、涙が出ちゃって大変なんだよ!! 本当にお母さんが死んで2年もたつけど、まだお母さんが死んだっていう実感がわかないんだよね。いい思い出をありがとう。
 ぼくも一生懸命に生きてるからあんまり心配しないでいいよ。まあ、まだ頼りないからちょっとは見守っててほしいけどね。5月なのにこの暑さ。もう日本は大変だよ。そっちはどう? そっちの生活を時々夢で紹介してくれたらうれしいな。他にもぼくが悪いことしてたら遠慮なくビシビシ怒ってね。
 真実は中学生になって、ちょっとお父さんに反抗してるけど、やっぱりお母さんの血筋かな? とても優しい子に育ってるよ。まあ、すごく生意気だけどね。
 家ではあまり弾いてないけど、バイオリンはお母さんの言う通りやってるよ。なんか前より下手になってるような気がするけど。天国までバイオリンが届いてくれたらすごくうれしいな。
 今日は雲ひとつない、すごくいい天気。お母さんが空から見守ってるのかな? ケーキとかないけど、本当に誕生日おめでとう!! 最後にお母さんと歌った曲を書くよ。お母さんもできれば天国で歌ってね。まあ、覚えてる範囲だけどね。
《「翼をください」歌詞引用省略》
お母さん、誕生日おめでとう!! by拓人
❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ 
 拓人さんは就職活動で苦労し現在コンビニでアルバイト中で、息子の人生が少し変わればと本人に内緒でお父さんが応募したものです。拓人さんがノートの1ページに書きとめて風で飛ばないようにお墓に石で押さえて置いてきたのをお父さんが持ち帰って大切にしまっていたということです。『翼をください』は、病院の庭をお母さんと散歩しながら歌った歌です。
 「さだ まさし賞」、「俵 万智賞」、「岸 恵子賞」など、受賞作を含む153編は文庫本『千の風になったあなたへ贈る手紙』(朝日新聞出版)に収められています。
 「子どもの日」、「母の日」、「父の日」、「老人の日」、「妻の日」はありますが、なぜか「夫の日」というのがないですね。おっと失礼。
(明石隆行)

関連記事

2010/05/10 00:51 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |