同窓会

先日、小学校6年生の時のクラス同窓会がありました。これまでほぼ10年ごとに開催されていたのですが、僕はその時々に東京や三重にいたりで、今回、参加するのが初めてでした。中学校が同じだったり、卒業後も付き合いがあった友達も少しはいたのですが、ほとんどはおおよそ30年ぶりの再会です。

実家から卒業アルバムを送ってもらったり、そのころの文集をあらためて読んでみたり、かなり楽しみに当日を迎えました。ウキウキし過ぎて、当日も集合時間よりだいぶ早く着いたほどです。

40人クラスのほぼ半分と担任の先生が参加した会は、懐かしさがいっぱいでした。昔のまんまの顔のやつもいれば、まったく変わっていて誰だかわからないやつ。「あだ名、ふっくんやったよな」「遠足であそこに行ったよな!」「ドクタースランプがはやってたな」などなど、昔話に花が咲きました。

それぞれが仕事や家庭でいろいろな立場や状況にあるけれど、何の利害関係もない、一時期を一緒のクラスで過ごした仲間と過ごす時間は至福のものです。思春期の手前、まだ、何の悩みもなく、日々、楽しく過ごしていた頃に戻ったような気がして、ついつい長居をしてしまいました。名残り惜しかったのですが、「さあ、日常へ帰ろうか」と言いながら、再会を約束して、別れました。

さて、次は10年後。自分自身もどうなっているのか分かりませんが、笑顔でみんなに再会できるよう、一日一日をがんばらないといけないなと思いを新たにしました。

近棟 健二

関連記事

2010/10/08 14:32 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |