夏色ブルー

   転車を買い替えました。ジオスGIOSです。ブランドはイタリアでR0014011.jpgすが、台湾製で主要部品はSHIMANOと日本製、グローバル?です。この自転車はなんといっても青が有名で、ジオス・ブルーと呼ばれてます。きれいな青にひかれて買いました。105にグレードアップしてこぎ足も軽いぞ。http://www.gios.it/
 で有名な自転車は同じくイタリアのビアンキBianchiのチェレステCelesteで、碧空という意味だそうで草色に近い青です。こっちもすて難たかった。ジャケ買いならぬ、色買いです。もうひとつ、イタ車といえばアルフア・レッドAllfa Rossoですね。衝動買いには向いていません。

 といえば、大学の学生旗です。○ナソニックブルーなどとおっしゃいましたが、空の青、blue2.jpg海の青ですから、ちょっとおそれ多いのですがKUKAIブルーというべきじゃないかしら。ちなみこれはオープンキャンパスで、袖を通したポロシャツをスキャンした画像したものです。

  オスブルーのフアーストランは、大阪の国立国際美術館、森山大道写真展”オンザロード”行きです。http://www.nmao.go.jp/exhibition/index.html森山大道の写真は、写真家の感情の記憶を感じさせるコントラストの強いモノmoriyama.jpgクロ写真です。ブレぼけで有名ですが、プリントを見るとブレてもぼけても芯の強い迫ってくる黒です。これには感心しました。意味ある黒は白を必要とします。自伝のような写真についてのエッセイ「犬の記憶」(河出文庫)には現在の池田市出身とあります。

 の写真は竹野のあぜ道で撮ったちょっと蜷川実花風です。かなり遠いか。この写真家も独特の色表現です。http://www.ninamika.com/ja/index.asp 色は感じたことの、形は考えたことの記憶を作ります。
N1.jpg
 ジオスブルーの次のランは、四国遍路第八十番國 分寺から第八十八番大窪寺まで、香川県から再び徳島県への願ランです。五色台、屋島、八栗山、香川県から徳島県への県境超えなど山登りが多いのがつらいなあ。
 
 に暑さには閉口しますが、節電ブルーじゃなく、夏色ブルーは地球の青そのものです。  (本多隆司)

関連記事

2011/08/19 10:08 | 未分類comment(1)trackback(0)  | top

コメント

エントリーは滞りっぱなしの砂脇です(汗)。
私もイタ車のCinelli、青をもっています。色味は空海ブルー!! とはいうものの、子どもが生まれてから、チネリは部屋のオブジェと化し、専らブリジストンの3人乗りです。
久々にチネリ乗りたくなりました。

No:90 2011/09/28 10:34 | すなわき #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |