徒然なるままに・・・・

GWに突入しました。
前回久々に登場してから、2回目にして早くもローテーションを乱してしまいました。
仕事の合間を縫って2週間に1度定期的にブログ記事をアップするのは しんどい作業です。
ブログ完全復帰には、まだ少々リハビリが必要なようです。

そこで、Weblog(ウェブログ)の本義に立ち返って、ここ2週間ほどの大学絡みの出来事を日記風に綴ってみたいと思います。

4月17日(火) 学園加行成満祝賀会
本学では夏休みと春休みを利用して真言宗僧侶の資格を得ようとする学生さんの修行の機会を設けています。昨年度は3人の学生が無事に成満(じょうまん・完了すること)しました。
加行

3月に成満していたのですが、学長や指導に当たった先生方をはじめ、現場監督を勤めたOBたち も含めて全員で年度をまたいでお祝いの会をしました。
将来、僧侶として羽ばたいてもらいたいと思います。

4月19日(木) 親睦会
本学には教職員の親睦会という組織があり、年に2回ほど親睦の宴席が開催されます。
この日がそれにあたり、夕刻より伏見の清和荘(昔、阪神タイガースの京都の常宿になっていたことで有名)で行われました。
3月いっぱいで特任教授となられた本多先生の壮行と4月から特任講師としてお迎えした真柄先生の歓迎も兼ねての開催でした。

4月21日(土) BBQ大会
学生自治会主催のバーベキュー大会が開催されました。新入生歓迎の意味で上級生が主催するもので、ここ数年の恒例となっています。当日は昼の12時頃から学生食堂脇の屋外で15名ほどが参加して行われました。
晴天に恵まれ、仏教学科のスダン先生や職員さんたちが参加し、私も牛肉を差し入れを兼ねて参加いたしました。
みんな食欲旺盛で10㎏近くあったお肉も完食とのことでした。・・・あっぱれです。

4月25日(水)般若寺文殊会式
これは大学関係ではなく、私の個人的な寺院関係の所用なのですが、奈良市にある般若寺さんの一年に一度の大祭である文殊会式に参列出仕してきました。25日はご本尊の文殊菩薩の縁日で、例年4月に大祭を行われ、私も都合がゆるす限り毎年参加しています。
「文殊経」(正しくは「仏説文殊師利般涅槃経」)によると、文殊菩薩は貧窮・孤独・苦悩の衆生の姿となって信仰者の前に現われると説かれています。つまり、この世で福祉対象となるようなハンデイキャップをもたれた人々は文殊菩薩の化身であり、その人たちを手厚く処遇することが文殊信仰につながるということから、古来、仏教における福祉救済実践の一つの大きな根拠となってきました。
当日はヤマブキが満開で、仏教福祉実践の歴史に思いを馳せながら読経してきました。
ちなみに、今年結婚した般若寺若住職の顕任君(住職のご子息で、元プロボクサーでもある)も 本学卒業生です。

4月29日(日) オープンキャンパス
今年度の最初の本学オープンキャンパスがあり、GWに入った日曜日でしたが出勤いたしました。
今年は入試広報部に所属していますので、入試にむけてのオープンキャンパスにはできる限り参加することになります。
当日は、社会福祉学科長の明石先生と2階の介護実習室に陣取ってプロジェクターを用いながら社会福祉学科の説明をいたしました。明石先生は時間差ジャンケンの体験実践をされてました。参加された方は保護者父兄をあわせてのべ30名弱であったとのことです。
次年度も社会福祉学科にもたくさんの学生さんに入学してもらえたらと思い居ります。
ちなみに次回は6月17日(日)に開催されます。たくさんの方のご来訪をお待ちしています。

以上、徒然なるダイアリーでした。

合掌(^∧^)

佐伯 俊源

関連記事

2012/05/01 19:43 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |