幻聴妄想かるた 市原悦子さんの読み札音声付

精神障害者の就労支援B型の東京の施設が、「幻聴・妄想かるた」発売しています。なんと、私の敬愛する市原悦子さんの読み札音声付きです。


IMG_0150カルタ まるホ

「ほしが人々だと思ってさけんでいた」
 これは、寝不足のために、どんどん調子が高くなり、星が職場の人や友人に思ったという体験談.幻聴と、妄想のために本気で星を人だと思ったそうです。

カルタ 表紙


 最近私は、精神科を題材にした映画や、マンガが出ています。この種のものを教材にすることに関心を持っています。何でも関心を持るきっかけになればいいですね。

 現場の人が日々の「感情労働」を振り返り癒されるも良し、学生さんが対象者を理したい!と思うときのイメージづくりでも良し。


 *このかるたは、8月5日のオープンキャンパスでお披露目いたします。「精神?しょーがいって?」という方、ウエルカムです、かるたを是非見にきてくださいね。

                                     (真柄 希里穂 )

 








 

関連記事

2012/08/01 20:10 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |