スイスの乗り物

                    (トラム。後ろはチューリッヒ中央駅)
                  ①縮小版 トラム

                
この夏休みにスイスを旅行して、いろんな乗り物があることに驚いた。電車、バス以外にトラム(路面電車)、登山電車、ケーブルカー、ロープウェー、ゴンドラリフト、湖船と普段乗る機会がない乗り物に乗ることができ童心に戻った。見上げればハンググライダーがフワ、フワと空を舞っている。冬には国際熱気球フェスティバルも開かれるということも知った。乗り物で、ないものといえば潜水艦くらいのものか。

                   (リギ山の麓フィッツナウへ向う湖船)
                     ②縮小版 湖船

チュリッヒからリギ山までの日帰り旅行では5種類の乗り物に乗った。トラムに乗ってチュリッヒ中央駅まで出て列車でルッツエルンに行く。特急電車で約50分の道のり。そこでリギ山の麓のフィッツナウ行きの湖船に乗る。

                   (リギ山頂へ向かう登山電車)
                  ③縮小版 本当の登山電車
  
 フィッツナウからは標高1800mのリギ山頂まで登山電車に乗る。急こう配をグングンと登っていく。今来た湖がみるみるうちに真下に遠のいていく。山頂からは遠くに白い頂のアルプスが、真下には湖や町が豆粒のように見える。

  (1800mのリギ山頂から飛ぶハンググライダー。眼下は麓のルッチェルンの町)
                     ④縮小版 ハンググライダー

 1800m真下を覗くような景色がひろがるコースをハイキングをしながら、1500mまで下ってくる。そこからはロープウェーで湖に降りのだが、このロープウェーがすごかった。こちらから向こう側に進むというのではなく、真上からまっさかさまに湖に落ちていく感じで乗客は絶叫マシン状態。

           (リギ山の中腹から湖の船着き場まで降りるロープウェー)
                     ⑤縮小版 ロープウェー

  そこからは来た時に乗った湖船に乗ってルッツエルンへ、そして列車に乗り換えてチュリッヒに戻ってきた。

              (スネガーパラダイスに到着した地下ケーブルカー)
                    ⑥縮小版 地下ケーブルカー

          (ゴンドラリフトに乗って展望台に向う。後ろの山はアイガー北壁)
                    ⑦縮小版 ゴンドラリフト

 マッターホルンを臨むスネガーパラダイス(展望台)に行く時に乗ったのは、「地下ケーブルカー」である。山の中をくりぬいた地下(トンネル)を登っていくケーブルカーである。なんと不思議なことかと思った。ケーブルカーは通常、山の斜面を登っていくものである。しかし、ここのは山の中のトンネルを登って行くケーブルカーなのである。「山の斜面ではなくなぜわざわざトンネルを掘って」という疑問、なかなか解けなかったが、帰国して判明した。テレビ番組でスネガーパラダイスをやっていて、その説明があった。冬季は豪雪のため地下にしたのだという。ガッテン。

          (列車内の車イス、ベビー用バギー、自転車置き場にもなる座席)
                   ⑧縮小版 座席

 重いトランクを持って列車を乗り継いでの移動は結構きつい。乗換えが離れたホームであれば、トランクをさげて階段を下り地下道を通ってまた階段を上がることになる。乗り継ぎ時間があまりない時は汗だくである。もちろんリフト(エレベータ)はあるが、ホームの端っこにあるので、いったん端までいって、また戻ってこなくてはならない。ヨーロッパの特急電車は日本の新幹線のように車両編成が長いので、端まで行ってリフトを使って、また乗車する車両まで戻ってくるには結構時間がかかる。使いづらいので階段を使ってそんな苦労をしていたが、ある時、階段の反対側はスロープになっているのに気がついた。スロープであればトランク、車いす、ベビーカーなども利用できる。ガイドブックにも紹介されていないので気づかなかったが、観光国スイスならではのバリアフリーである。
(便利なのは、スイスでは駅から駅にトランクや荷物を送ってくれるシステムがある。)


                  (トランクをひっぱってスロープを上がる旅行者)
                  ⑨縮小版 スロープ

                   (スネガーパラダイスで見つけたエーデルワイス)
                   ⑩縮小版 エーデルワイス

関連記事

2012/09/24 00:24 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |