「性問題行動のある知的障害/発達障害者 治療・マネジメント・スーパービジョン第2版」

 この本のトピックなどをシリーズで紹介します。
 原題は、スキャンしたイメージ
Blasingame,G.D.(2005). Developmentally disabled persons with sexual behavior problems : Treatment・management・supervision. 2nd ed. The SaferSociety Press.
タイトルは、文字通りの直訳です。

 2005年の本ですが、知的障害者/発達障害者の性加害行動を対象とした参考図書がほとんどないなかで、私たちの研究グループ、「ASB研究会(反社会的行動のある知的障害者等への支援研究会)」がテキストとして学習してきたものです。タイトルが長いので、私たちは頭文字をとってDDSBと呼んでいます。

 以前、私たちが出版した「ハンセン,K・カーン,T. (著) 本多隆司・伊庭千恵(監訳)(2009). 性問題行動のある知的障害者のための16ステップ 「フットプリント」心理教育ワークブック 明石書店」の教科書であると紹介を受けたこともその一因です。

 最初にお断りしておかなければならないことは、Developmentally disabled persons の訳です。これは、「知的障害mental retardation、脳性マヒ、てんかん、自閉症を含むもの」(本書 p.22)とされているので、「知的障害/発達障害者」としています。知的障害が含まれていることが抜け落ちる可能性があるからです。
 
 この本は、知的障害者/発達障害者や性犯罪の概要、そのアセスメント、治療の考え方やプログラムはもとより、被虐待体験や性行動など知的障害者/発達障害者の性全般(セクシャリテイ)、法律問題、地域社会での支援のあり方、支援担当職員の課題までをカバーしており、本当の意味で教科書のような存在です。
Dragon1.jpg
 閑話休題。9月に参加しているDragon' Jazz Orchestraの発表会で3曲演奏しました。
 このとき困ったのは、自分の音量が分からないことでした。耳のせいではありません。分からないから力が入って、リードミスをして変な音を出すという悪循環におちいります。
 「はねっ返し」(コロガシとも)というモニタースピーカーがステージにはありますが、それをおぎなうために、譜面台に音を跳ね返して聞けるように、楽器の向きと譜面台の高さを調整するんだと教わりました。

 そのときのDVDをみると直立不動でかっこう悪い。これは致命的。次の曲は、デューク・エリントンの「In a Mellow Tone」です。私のウデでは、mellowじゃなくてhardです。  (本多隆司)


関連記事

2012/10/12 09:51 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |