人生の選択

種智院大学で働き始めて6年目になりますが、実は今の仕事は三つ目の職種です。

一つ目は大学を卒業してすぐの電機会社でのビジネスマン。二つ目は社会福祉協議会でのコミュニティーワーカー。そして、大学教員。

バブルな大学時代を送り、最後の超売り手市場で“世界を駆けるビジネスマン”をイメージして就職した時には、今の姿を想像することは全く出来ませんでした。

先日、一つ目の職場の集まりが先週末にあり、参加しました。ほとんどの方は7年ぶりぐらいで、10数年ぶりの方もいらっしゃり旧交を暖めました。

その職場では、何も知らない僕に丁寧に社会人の基礎を教えてくれました。そして、とても居心地のも良いところでした。

今回、その頃の皆さんにお会いして、その居心地の良さは皆さんのお陰だったんだなと改めて感じました。

そんな良い職場を辞めて福祉の道に進み、縁あって教員になりました。その後の歩みはその職場に居た期間を大きく超えています。

「もう一度、あの頃に戻ったら同じ選択をする?」と聞かれ、「します!」と即答しました。「それは素晴らしいことやで」と言われ、普段、あまり考えない自分の選択の重みを考えさせられ、そして、勇気づけられました。

次にお会いした時にも「します!」と答えられるように過ごしていきたいです。

近棟 健二

関連記事

2013/04/19 14:54 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |