女性の終活、にみる女性の感性ツボ

女性の終活、にみる女性のツボ

この夏、女性向けの地域での終活&災害対策のイベントに参加してみました。おひとり様が参加の条件でした(^^)。しかし、行ってみると既婚者(夫にないしょ)という方が多く驚きました。

それから、面白い発見もありました。地区別での連絡網を作成して互いのネットワークを構築しようとする男性幹部の考えと、参加者の反応に大きな乖離があった事です。参加者は、地区が近くでも「うまの合わない人」と居たくないと主張するのです。いざとなったら、そんな事は言っていられないのでは?と冷静に考えれば思うものですが、女性は直観力を優先するのですね。これは、男性と女性の脳の違いと言われます。男性は、話しながらも左脳のみが反応しますが、女性は、左右バランスよく働きます。どちらがいいということはありません。女性のすばやさが間違うことも男性の論理も間違うこともあります。

精神保健福祉士の実習でも、やや得意なところがでる気がします。男子学生さんは外側のデータを集めて安心してから考察に向かい、女子学生さんは「それが問題です」と(根拠なく)結論をのべ、その後で後づけするモノを探すという動き方のように思います。エネルギーの流れが交差して面白いですね。

IMG_0316(2).jpg



高野山に行ってきました。                      真柄 希里穂


<お知らせ>
11月4日に近畿2府4県PSW合同研修会があるそうです。
PSWであれば、協会に所属していない方の参加OK。場所は大阪府社会福祉会館です。
「つながろう、PSW 支えあおう KINKI!」というテーマで災害対策:地域相談:就労支援:連携:教育研修
の議論を行うそうです。

種智院大学の卒業生のご活躍の場は、きっと多方面に?拡がっていると思います。
このサイトをご覧になっている卒業生の方に向けてご参考までに。

関連記事

2013/09/25 11:46 | 未分類comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |