2014年 春

2014年 新学期が始まりました。よろしくお願いします。
春休み中は、この春に4年生に成る学生さんと洛南病院と京都市精神保健福祉センターの見学に行ってきました。

4月1日 精神保健福祉法が改正されます。改正法のポイントは4つ
(1)厚生労働大臣が、精神障害者の医療の提供を確保するための指針を定めること
(2)保護者制度の廃止
(3)医療保護入院の見直し
(4)精神医療審査会に関する見直し

特に(3)では医療保護入院者の退院後の生活環境に関する相談及び指導を行う者(精神保健福祉士等)の設置が義務付けられました。

もうひとつ、診療報酬も改定です。
当該病棟に専従の精神保健福祉士が1名以上設置されていること
医療機関内に退院支援部署を設置し、当該部署に専従の常勤精神保健福祉士が1名以上設置されていること
*病棟と退院支援部署の兼任はできない

この実務レベルの変更について、洛南病院でご指導いただきました。
保護者制度がなくなるということは、家族の負担軽減の背景があります。しかし、3親等の誰でもよいとなったということは医療保護入院のしやすさにもつながる難しい問題を含みます。実は、認知症の方の精神科病院への入院の敷居を低くするためなのか?など論議がされています。

ソフトな話題
現在、精神障がい者対象のバスケットチームができるようです。チームワークを体験することで支え合うことを体験するとのことです。楽しそうですね。機会があれば見学に行きたいと思っています。

                                        真柄 希里穂






関連記事

2014/04/02 09:32 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |