新入生キャンプで交流を深めました

4月1日の入学式から一日おいて昨日、今日と新入生のフレッシュマンキャンプを実施しました。行き先は恒例の犬鳴山です。

二日間で写経や朝の勤行などの仏教的なプログラムと交流を深めるためのレクレーションプログラムを行いました。

社会福祉学科の学生は初めての体験だと思いますが真剣に取り組んでいます。


レクレーションプログラムでは、まず、教職員も一緒に自己紹介ジャンケンをしました。5回負けた人から座っていきます。


グループに分かれてドーナツ自己紹介という共通点を探すワークをした後にカプラを使って、「大学生活」をテーマに作品を作ってもらいました。出来上がった作品の一部を紹介します。

今の大学を基礎として自分たちで積み上げて新しい種智院大学を作るイメージだそうです。


大学のマンダラ広場をイメージしたものもありました。


段階的に知識を深めて自分自身を高めていくイメージとのことです。


他のグループの作品からも前向きなイメージを感じることができました。このイメージを大事にしながらそれぞれの学生が成長していけるようにサポートしていかねばと思います。

最初は緊張気味だった新入生も二日間を共に過ごし、すっかり仲良くなった様子でした。参加した皆さん、お疲れさまでした。

近棟 健二

関連記事

2014/04/04 18:24 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |