秋学期スタート

今週から、秋学期がスタート
昨日、夏休み明け1回目の「現場実習Ⅰ」の授業を行いました。

「現場実習Ⅰ」とは、社会福祉士の資格取得をめざす学生が2回生(編入生は
3回生)で受講する授業です。
種智院では3回生(編入生は4回生)の夏休みに施設や相談機関での実習を行うのですが、その実習がより充実したものになるように、「現場実習Ⅰ」の授業で
2回生から事前学習を行っています。

小テスト1

 

   これが昨日の授業風景
  

   みんな、真面目に下を向いて

            何か悩んでいる様子… 



小テスト2

 

 

 実は、いきなり小テストをしました 


 


 

「現場実習Ⅰ」では、実習に行って困らないように基礎的な福祉の知識を身につけてもらうこと、また、社会福祉士の国家試験対策の一環とすることを意図して、月に1回程度、福祉の各分野の内容を教科書からまとめたレポートを提出してもらっています。
さらに、そのレポート範囲から出題している小テストを行っています。

というわけで、今日は、夏休み中に作成してもらったレポートの範囲の小テストを行いました。
試験中、「はぁ」という小さなため息が聞こえました…
夏休み中、身体も頭ものんびりしていた学生には、少々きつい初回授業だったかもしれません。

でもね、継続は力なり。
コツコツ学んで、少しでも自信をもって来年の実習に行こうね


                                          松本しのぶ

関連記事

2009/10/01 00:00 | 授業comment(0)trackback(0)  | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |