「よい子」は7年目に

 京都市内にコンチキチンのお囃子が聞こえてくる頃に始まった「よい子の社会福祉学」、振り返ってみると、2009年の7月13日に第1回目が始まっている。ということで「よい子」は今日で7年目に入る。毎回ネタに窮して当番の日に四苦八苦してやっと、そんな感じでなんとか切り抜けてきたが気がつけば6年が過ぎた。これまで休みそうになったことが何度もあるが、なんとか休まずに続けられている。

                                     縮小版 祇園祭


  それも本学の学生(?)も見てくれていて時々は「拍手」なんかをもらったりすることがあるからであろう。これが励みになってかろうじて「よい子」を欠席しないでいることは否めない事実である。授業でもたまにブログの話をすることも影響しているのかもしれない。そうであれば、もっと宣伝をしなくてはならない。
 いつまで続くかは定かではないが、時々は「よい子の社会福祉学」をのぞいて、「拍手」か「いいね!」をクリックしてやってください。
(明石隆行)

関連記事

2015/07/13 08:42 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |