「刑務所/少年院を終えた人などへの支援」 研修の準備

 人権総合講座で研修するために最後のチェックをしています。これが公開される頃には終っていますが。
 人権協会研修2015pptx
 与えられたテーマは「刑期を終えた出所した人への支援」でしたが、刑期というのは「自由刑(懲役・禁錮(きんこ)・拘留)の執行すべき期間。」(法律学小辞典第4版)をいうので、かなり限定的です。また制度の説明ではなく相談支援との視点からというオーダーでもあったので、タイトルも変えました。

 実際の内容は実は副題にある『性問題行動のある障害者/少年への支援』です。
 タイトル「・・終えた人など・・」にある「など」には、刑務所や少年院に入らなかった人も含めています。加害性や違法性が低く、あるいはなくても好ましくない不適切な行動をとった人も対象としているからです。

 同様のテーマでよく話をしますが、研修の組み立てや話す順序には毎回悩みます。性問題行動に対して心理学的な観点から支援する 側から、地域で相談支援する担当者に伝えたいことという観点としました。地域での相談支援では、多分ありとあらゆる相談が持ち込まれるからです。

 こうした研修だけでなく授業でもPowerPointまたはkeynoteを常用していますが、視覚に頼った方法なので視覚障害のある方にとっては至極不便で情報伝達に難点があります。点字化を想定してテキスト・フアイルに変換しましたが、図示した説明や表、グラフ化したデータの文章化が難しいものでした。図やグラフにしてパッと見て理解してもらおうとの意図は、だれにとっても平等なものではありません。実際にはご本人と相談して、主催者経由でテキスト・フアイルのデータをお送りすることにしました。読み上げソフトも利用されるかも知れません。
サイクルチケット1
  閑話休題。福えちぜん鉄道井市周辺を自転車で回りました。初日は、永平寺福井自転車道路で、福井市西部の日野川や九頭竜川の右岸の堤防を走ります。自転車専用道路で快適です。足羽川沿いは、春にはその下を通り抜けたいと思える桜並木が続きます。桜には一本一本寄贈者?の名前や団体名が記されています。

 翌日はえちぜん鉄道2、福井市から九頭竜川左岸を東尋坊に向けて一般道を走りました。交通量は少ないけれど道は狭い。福祉の信号は横じゃなく、縦に赤・黄・青と並んでいます。積雪予防?三国港か らはえちぜん鉄道に自転車を乗せて福井市内に戻りました。専用チケットは200円。こちらも快適。 農作業
 まむなく刈り取り。   (ホンダタカシ)    
 




関連記事

2015/09/11 09:15 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |