子ども時代の逆境体験

 Bトレ  ときどきここでご紹介している「性加害者のアセスメントと治療ハンドブック」は、1 アセスメント 、2  治療内容、3 治療要素、4 特別テーマの4部からなり、全部で15章から構成されています。対象も広く、多くの研究者や臨床家が執筆しています。「4 特別テーマ」にはインターネットに関した論文も載っています。
 
 「第11章 性加害者への
トラウマ・インフオームド・ケア」をとりあげます。
トラウマ・インフオームド・ケアという技法、考え方の解説ですが、今回はその前半をとりあげます。 
 トラウマという語は今や一般的になりましたが、ここでは次のように定義されます。

『身体的心理的な
個人のまとまりを脅かす出来事であって、恐怖や無力感、ぞっとする怖れの反応を生じさせる出来事を経験する、あるいは目撃すること (American Psychiatric Association, 2000) 』(p.244)

 死ぬかと思うほど恐ろしい目
にあうというだけでなく、人としてのまとまりintegrityへの脅威としてとらえられています。
 トラウマをもたらすは、虐
待などの児童期の逆境体験だとされます。ここでいう児童期逆境体験は、虐待Abuse(心理的虐待、身体的虐待、性的虐待)、ネグレクト(心理的ネグレクト、身体的ネグレクト)、家庭機能不全Household dysfunction(母親の暴力的養育、家族の物質乱用、家族の精神疾患、両親の別居または離婚、家族の収監)と分類されています(p.246 表11.1 Prevalence of Adverse Childhood Experiences による) 。この分類のもとになったのは、報道でよく耳にする米国疾病対策センター Centers for Disease Control and Preventionによるものです。単なる虐待の分類ではなく、家庭の問題にも及ぶ臨床的で細かな分類です。

 こうした子ども時代の逆境体験は慢性的で累積し、その結果ハイリスクな問題行動に関連し、医学的、精神的 健康や心理的社会的な問題の出現可能性を高めているとされています。よく指摘されることですが、子ども時代の逆境体験が生み出した早期のトラウマが、対人関係を結び維持するスキルを不適応なものにし、自分や他者に対する謝った認識の下地を作った、とここでは考えています。続いて、トラウマ・インフオームド・ケアの核心に向かいます。 

Jill S. Levenson, J. S., & Willis, G. M.(2016). Trauma-Informed Care with Thalys.jpgSexual Offender. In M. S. Carich & S. E. Mussack (Eds.) Handbook of Sexual Abuser Assessment and Treatment. The Safer Society Press.pp.243-269.

閑話休題。オランダやベルギーの鉄道はわれわれにはとても新鮮です。改札口というものがなく、交差点から歩いてい
NL1.jpgくとそのままプラットホームになります。アナウンスがすこしありますが、発車を知らせベルや音楽、警告音がないのでホームは話し声音と列車の騒音くらいで静かです。車内のアナウンスもめったになく、NL2.jpg下車駅を間違えないかとヒヤヒヤしますが、鉄道本来の車窓が楽しめます。アムステルダムからブリュッセルまで高速国際列車タリス(赤い電車)に乗りましたが、ゆらいでいるシェンゲン協定のおかげであっさり国境を越えます。       (ホンダタカシ)

関連記事

2016/03/18 10:35 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |