グラウンディング・テクニック

観覧車  米国物質乱用・精神保健サービス局の「治療改善実施要領:行動面の健康におけるトラウマ・インフォームド・ケア:57のヒント」(仮訳) の第4章に、「グラウンディング・テクニック」が紹介されています。

 虐待などつらかった不快な体験(逆境体験、トラウマ体験)によるさまざまな影響や障害などをスクリーニング、あるいはアセスメントする際に、調査対象となった人(クライエント)が思い起こした記憶やその時の強い感情に圧倒され、混乱することがあります。面接している時にも起こることがあります。そうした時に面接者がクライエントに行う対処方法の一つが「グラウンディング・テクニック」です。

 (過去の)トラウマに関連して混乱したり解離などが起こったのであれば、対象となる人(クライエント)に「いま、ここ」を強く意識させ、現実感とその感情を確認させる必要があります。それは、あたかも映画館の中で心の映画を見ているようなものといえます。そうであれば、映画館を出て陽のさす場所=現在の環境の中へへ出よう、という比喩で説明します。同時に、ここは安全で安心できる場所であることも必ず説明します。

 自分の位置かにを確認し自分を取り戻すエクササイズとして行われるのは、例えば、

  ・壁にかかっているものを言う・赤いものの名前を言う
  ・今日の日付・最近の出来事を言う
  ・こぶしを握って感情のエネルギーをそこに移し替える
  ・鼻から吸って口から吐き出す深呼吸  など。
 グラウンディングgroudingは「自分を見失わないこと」(ルミナス英和辞典 研究社)とあり、地に足をつけて自分=現実を見失わないこととの意味ですが、訳しにくいので安直ですがカタカナ読みのままです。
 逆境を体験した人と関わる支援者や面接者には身についておくべき基本的な技法です。
 
A TREATMENT IMPROVEMENT PROTOCOL Trauma-Informed Care in Behavioral Health Services TIP 57(2014). Substance Abuse and Mental Health Services Administration Center for Substance Abuse Treatment (U.S.DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES). p.98. Retrieved from https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK207201/ (May 14, 2017)
きむら
【参考】Melnick, S. M., & Ellen L. Bassuk, E. L.(2000). Identifying and Responding to Domestic Violence Among Poor  and Homeless Women.  A collaboration of the Better Homes Fund, HCH Clinicians’ Network Research Committee (National Health Care for the Homeless Council). p.8. Retrieved from https://www.nhchc.org/wp-content/uploads/2012/02/IdentifyingRespondingtoDomesticViolence_2000.pdf (May 14, 2017)

 さて。
 自伝を書くほどの歳でもないだろうと思ったけれど、「木村充輝自伝ー憂歌団の僕、いまのぼくー」(K&Bパブリッシャ−ズ)を図書館で借りました。憂歌団のほとんどの曲がそうであるように、大阪弁をブルースにのせること、たとえ外国の歌であっても日本語で歌うこと、その軌跡が自伝の形で語られます。もちろん、それだけではありませんが。憂歌団という名前だってブルース・バンドの日本語訳。   (ホンダタカシ)

関連記事

2017/05/14 10:07 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |