田辺市美術館など

 「熊谷守一 書と絵と肖像」展を見るために田辺市美術館http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/へ行きました。熊谷守一を見るの田辺市美術館1 は3回目でしたが、今回はタイトルにあるように書と写真が多いのが特徴です。装飾のようにもみえる単純化され平板化された油絵とは違って、ダイナミックさは同じですが濃淡が強いのが印象的な書です。知っているけれどみたことがない字、読めない字だけれどこれじゃないかと思える言葉です。

 美術館は折り紙で作った箱をいくつかつなぎ合わせたようにみえる建物です。裏から見るととても美術館には見えないけれど、じゃ何かと問われると困ってしまうような建物です。豊島区立熊谷守一美術館http://kumagai-morikazu.jp/、熊谷守一つけち記念館http://www.morikazu-museum-tsukechi.jp/に比べると、公立ですが建物の個性が際立つ美術館です。ドアの取っ手の意匠が目を引きますが、館内はいたってオーソドックスです。
田辺市美術館2
 この美術館の分館である熊野古道なかへち美術館http://www.city.tanabe.lg.jp/nakahechibijutsukan/index.htmlも魅力的です。紀伊半島のほぼ中央です。金沢21世紀美術館を手が岐阜県美術館けたSANAA(妹島和世と西沢立衛による建築ユニット)の最初の美術館だそうです。

 館内にあった美術館のパンフレットはどれも楽しいものです。  「ナンヤローネ」と題した岐阜県美術館http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/のパンフレットは月ごとに司令のかかれた楽しい月めくり式の催し物案内です。
 7月の司令は「日本画の逆襲を目撃しよう。」難しいなあ日本画は、という感想を追い出すような司令です。8月は「熊谷守一を『モリカズ』と呼ぼう。」です。熊谷守一は結構人気ですね、お名前を呼び捨てにするのは畏れ多い。
 月ごとにいくつかの展示が案内されていますが、右端にMEMOとあり画家の誕生日が載っています。今日7月7日は七夕などではなく、シャガールの誕生日!

 館長さんは日比野克彦!とあります。ここも期待できそうです。このパンフレットのデザインもひょっとしたら・・・。      (ホンダタカシ)

関連記事

2017/07/07 09:59 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |