女性が受けた暴力被害の調査

  龍谷大学で開催された公開シンポジウム『人はなぜ暴力を振るうのか、その対策とは』の続きです。基調講演のあと、シンポジウム「日欧比較ー女性を対象とした暴力被害調査」がひらかれ、大変興味深い二つの報告がありました。

 「EUが実施した女性を対象とした暴力被害者調査の目的と成果」と題し、Sami Nevala氏(欧州基本権機関・統計調査部門主任)が報告されました。調査はEUの28カ国の18歳から74歳の女性を対FRA.jpg象にインタビューによって行われました。調査は、現在のパートナー・過去のパートナー・パートナー以外による暴力被害を対象に、身体的・心理的・性的被害の体験、子供時代の被害体験、セクハラやストーカー、さらに支援機関との接触、関連施策との意識など多岐にわたる内容です。

  結果の詳細は、当日配布された資料(Violence against women: an EU-wide survey. Results at a glance http://fra.europa.eu/en/publication/2014/violence-against-women-eu-wide-survey-results-glance)に詳しく載っています。

 注目したのは児童虐待を扱った「1.6 Experiences of violence in childhood」についてです。児童期逆境体験ACEの項目でもあります。そのなかで、子供時代(15才以前)に性暴力被害を受けた女性は12%!であったと報告されています。身体的虐待の経験は27%です。0%であることが当然だと思えば、約1割から2割は高率です。明るみに出ないものも含めれば広がっており(女性への)児童虐待については、EU諸国は再び重点的に取り組むべきだと報告書は訴えています。

 では、日本ではどうでしょうか。
 シンポジウムでは「日本調査からわかったこと」との発題で、浜井浩一氏、津島昌寛氏が報告されました。調査内容や対象年齢はEUと同じですが、近畿圏在住の女性が対象になりました。回収率は30.3%、EUは平均42.1%ですが国によるバラつきが大きかったようです。

 調査結果では、15歳以前に大人からの(身体的・心理的)暴力被害を受けた女性は14%ですが、EUでは35%でした。しかしながら、性暴力被害については10%!で、EUの結果(12%)に近い結果です。
 また、15才以上での深刻な暴力被害を警察に通報したかどうかを見ると、非パートナーからの暴力は12%(EUは13%)の女性が通報しましたが、パートナーからの深刻な暴力被害を警察に通報した女性は日本では0%!(EUは14%)でした。この結果はさまざな要因が混じり合っ小和田た結果であると思われますが、こうした結果を重ね合わせると、報告されない、通報されない暴力被害も多く、EUの報告書の指摘と同様の実態なのかもしれません。
 厚生労働省の児童虐待統計では児童相談所への虐待相談件数とされ、総虐待相談件数に占める性虐待相談の割合は低位です。今回の調査結果を考えれば、実際とのズレが生じているかもしれません。
 なお、龍谷大学の調査結果は報道提供されており、ご紹介した内容は報道さ小和田ホームれています。


  さて。
 この駅舎は豊橋と辰野を結ぶ飯田線小田山駅です。俗に秘境駅と呼ばれる無人駅です。確かに民家からは離れていますが、秘境と呼ぶかどうかは難しいところです。でも、臨時急行「秘境号」が運転され、たくさんの探検家が乗車されます。見物人の多い秘境というのも形容矛盾のような気がしないでもありません。映画のロケにも似合いそうな美しいたたずまいの駅です。
 無人駅も多いので車掌(カレチと呼ぶらしい)さんは切符の回収や出発合図、それに観光案内まで大忙しです。2両編成の電車が天竜川など三河川合の山あいをくねくねと走ります。紅葉が染める車窓を肴にビールを飲めば、ローカル線気分は上々です。      (ホンダタカシ)


関連記事

2017/11/24 22:05 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |