種智院大学 よいこの社会福祉学 京都ライトハウスを見学しました。
FC2ブログ

京都ライトハウスを見学しました。

 授業として学生と千本北大路にある「京都ライトハウス」http://www.kyoto-lighthouse.or.jp/を見学しました。点字図書館や点訳音訳、読み書きサービス、視覚障害幼児向けの親子教室、移動などの自立訓練を行う視覚障害の専門施設ですが、就労移京都ライトハウス行支援、就労継続支援B型の事業所であるFSトモニーも併設された総合的な福祉施設です。



 全盲の当事者の方から視覚障害者の日常生活のご説明とライトハウスの館内を案内していただきました。興味深い話がたくさんライトハウスパンフレットありました。

 視覚障害者=全盲と思う人が多いですが、実は「見えない人」だけでなく、弱視とかロービジョンと呼ばれる「見えにくい人」のほうが多く、視覚障害者全体の7割程度いっらしゃるそうです。おおまかには、全体がぼんやりと濁って見える、視野の中心は見えるが周辺が見えない(字が読める)、視野の中心に見えない部分がある(場所が分かる) と分かれますが、見えにくさは一人ひとり違うとのことでした。

  私たちは天気が良いと外出したくなりますが、まぶしいと見えにくくなる人は曇りの日を選ばれるそうです。

 外出についても、私たちの知らないことや単なる思いこみがありました。例点字ブロックえば、街中で白杖(はくじょう)で歩行されている方を見るとあたりの配置や方向などは熟知されているように思いますが、実は白杖で分かるのはせいぜい一歩先だけだそうです。

 
 ですから、駅のホームが一番恐いとおっしゃいます。点字ブロックを利用すれば安全に正しく歩けますが、点字ブロック上で電車を待つ人や物があるとよけ、点字ブロックから離れた途端に方向があやふやになり転落事故につながるそうです。恐ろしいことに落ちて始めて転落したことが分かるそうです。
 落ちる船岡寮前に気づくことは出来ない、防止できるのは周囲の人の気づきと声かけだと何度もおっしゃっていました。駅で最近よく耳にする、乗降客に声かけをうながすアナウンスです。


  学生の興味を引いたのは、触読時計や体温計、オセロゲームなどの福祉用具でした。実物を見て触らないとわかりません。講義で何度も聞くよりも、障害当事者の指摘や訴えの方が力があります。障害の専門家は障害者自身です。
  写真の個性的な建物は盲養護老人ホーム「船岡寮」ですが、現在は移転して「ライトハウス朱雀」となり他の高齢者施設と併設されています。     (ホンダタカシ)

関連記事

2018/02/02 17:23 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |