FC2ブログ

フラッシュバックに対処する

 トラウマの影響は随所にあります、なかでも感情と認知には大きく作用します。フラッシュバックは記憶の問題ですが、広く認知上の問題とされています。

   フラッシュバックは、ある瞬間に現実に起こったかのように以前のトラ穴ウマ経験を再体験することで、映画のシーンのように視覚化されることがあるようです。フラッシュバックの経験している時間はほんの数秒らしいのですが、その影響は思いのほか長くきます。何かのきっかけで起こるのですが、必ずしもきっかけは必要ではなく、思いがけない時に突然起こることがあります。

 フラッシュバックを経験した人は大変驚きます。過去のトラウマの出来事だということには気づきますが、どうして。と困惑し不安になります。無理もないことです。

  こんなことは誰にも起こることじゃない、自分の歯車のどこかがおかしくなったからだと自分を疑います。普通じゃないと思うので誰かに言ったところで信じてもらえない。現在にいるのに突然過去に滑り落ちたみたい。自分はどこかおかしい・・・。

  フラッシュバックに限らず、自分が経験したことに違和感があり、さらに自分は人とちょっと違うんじゃないかと思う人は多いようです。

 こうした場合、まず本人にフラッシュバックという状態、トラウマとの関連、きっかけ(トリガー)が存在する可能性があることなどをていねいに説明するところから始めます。これを心理教育と呼びます。何も知らない状態で、そのままにしておくのは最も悪く、放置していても消えるものではありません。
草
 フラッシュバックなどが起こったら、現実感があやふやになるので、安全であること、今ここにいるということを強く意識するよう言います。以前ここでお伝えしたグランデイング・テクニックを使います。心の映画を見ているようなものだがら、その映画館から出るように言います。現実を意識するためには、例えば近くの壁にあるものの名前をいう、今日すべきことを言う、など。リラクゼーションや、小刻みに体を動かすなども効果があるそうです。文字通り、地に足をつけるです。
 この項も、SAMHSA'TIC Tip57(2014)を参考にしました。           (ホンダタカシ)


関連記事

2018/05/17 20:28 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |