FC2ブログ

関心を呼び理解されるポスター作り

  8月に福山大学で開催される発達障害学会での発表のために、展示用のポスターを作っています。
 発表会場には横90cm×縦180cmのボードが用意されており、そこにポスターを貼り出して説明します。パソコンで伝わるデザイン作成できるサイズ、町の印刷屋さんで印刷可能なサイズ、それに見やすいサイズを考えると、もともとA4で下書きしていますのでA0版の84.1cm×118.9cmになりそうです。縦180cmとありますが、床からの高さなので少し下を空けないと読めません。
 これまでも何度か発表用のポスターを作りましたが、何をどのように訴えるかばかりを考えました。ところが、この本を読んでそれがいかに間違っていたかを思い知らされました。大切なのは書き手の視点ではなく、関心を持ってもらい、理解してもらうために読み手の視点を持つことです。実に当たり前のところが間違っていました。

高橋佑磨・片山なつ (著)「伝わるデザインの基本 ーよい資料を作るためのレイアウトのルールー増補改訂版」技術評論社

 二人の理系研究者の著作で、デザイナーによるものではないところが強みです。発表のポスターや講演や授業のためのプレゼンテーション作成について、豊富な用例とともに具体的で有益な指針が示されます。
 とく重要なのがフオントの選択です。WordやPowerPointを使うとMS系になりがちですが、視認性や美しさから見ると考えものです。和文には游、ヒラギノ、メイリオを、欧文にはHelvetica Neue やTimes New Romanなどが推奨されます。この本に指摘はありませんが、明朝体が読みづらい人がおられるので、各種のプレゼンテーションには必ずゴチックを使います。
 もう一つ重要なのは余白です。とかく、あれも言いたいこれも言いたいと情報をぎゅうぎゅう詰めにしがちです。読み手にとっては逆に読みづらく、そのうえメリハリがないので重要な点が分からなくなる恐れがあります。
 
阿尾港  情報量を維持して内容を高く保ったまま、余白を生かして美しく見やすくするためには一つ一つの文章のブラッシュアップが不可欠です。毎日パソコンに向かう盛夏です。
 
 あお日記。
 漁村の朝は早いというけれど、ここは静かで穏やかです。広い港の端っこに知り合いのおじいさんらが世間話をしながら鯵釣りをしています。南蛮漬けにするんだそうで、食べる分が釣れたら納竿されます。
 大きな鱧を水揚げしている漁船のそばに千葉ナンバー?のヨット、別のところに静岡ナンバー?のヨットが停泊しています。どちらも小柄のヘミングウエイのような単独行のヨットマンで、氷を求めての停泊のようでした。漁港に氷の自販機があるなんて知らなかった。100円玉を入れるとクーラーボックスいっぱいの氷が手に入ります。
     (ホンダタカシ)

関連記事

2018/07/17 09:19 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |