FC2ブログ

児童期逆境体験ACEスクリーニングの導入:第37回心理臨床学会でのポスター発表

  台風による暴風、豪雨、高潮、それに地震などが私たちの日常をおびやかしています。あたりまえに生活することがこんなにも大変だったか。
心理臨床学会
 猛暑といわれた8月末から9月にかけて神戸で第37回の心理臨床学会が開かれました。このブログでも何度かご紹介している児童期逆境体験ACEスクリーニングの紹介と試行に関する発表をしました。

「性問題行動の心理支援/生活支援への児童期逆境体験ACEスクリーニングの導入 -トラウマ・インフォームド・ケアTICに向けて-」 

 児童期逆境体験ACEに対する質問項目は、オリジナルの米国のCenter for Disease Control(CDC)による児童虐待と家庭機能不全からなる10項目をもとに、Levensonnら(2017)によっていじめや差別など8項目が追加され、さらにわれわれが自然災害の項目を追加して、全19項目としています。

 これまでわれわれは性加害者を対象にセラピー/心理的支援と生活支援を未成年者や知的障害児者などを対象に実践してきましたが、そのプロセスで大きな課題となったのが児童期逆境体験ACEsでした。この被害体験は本人の考え方や感情などに強い影響を与え続けており、加害行為の直接の原因ではなかったにせよ、その準備状態を形成したのではないかと考えました。したがって、今回発表した児童期逆境体験ACEのスクリーニング質問紙は、知的/発達障害者児者への実施を前提にしています。
 また、知的/発達障害者とトラウマの関係、とりわけ彼らに生じたトラウマに関連した症状や問題に対してどのように考え支援するかを論じたものが極めて少ないことから、副題にあるようにそのアプローチとしてトラウマ・インフオームド・ケアに触れています。発表では加害行為からアプローチしましたが、実のところ知的/発達障害者児者の支援全体に関わる課題です。

 これらの特徴に着目され、実際に使用したいというご希望もいくつか頂きいました。

 研究者、児童相談所など相談機関、児童養護施設や児童心理治療施設などの児童施設だけでなく、警察や保護観察所の被害者担当、自衛隊に勤務している心理専門家が来られました 。いずれの機関もトラウマに強く関連しており、そこで心理的支援の業務に携わっておられる専門家です。
     (ホンダタカシ)

関連記事

2018/09/14 08:55 | 未分類trackback(0)  | top

 | BLOG TOP |